Volvo xc90

volvo xc90先日ボルボxc90を運転する機会がありましたのでレビューします。

xc90はボルボのフラッグシップセダンs80のプラットフォームを共有していることからも分かる通り、ボルボを代表する高級SUVモデルで全世界で高く評価され、20以上の権威ある賞を欧米でも受賞しています。日本ではV70が1番人気ですが、アメリカではボルボの中で一番売れているモデルです。

さてレビューですが、乗り込んだ瞬間の印象から言うと、ドアが分厚く閉まりが良い!ボルボ車に共通して言えるのですが、安全性を重視して造られていることが、ドア1枚から凄く伝わってきます。守られてるな〜って感じがひしひしと。笑

で、次にシートですがこれがまた座り心地が抜群に良いんですよね。程よく柔らかいクッションが、沈むことでしっかりホールドし、疲れを軽減して長時間のドライブも快適なものにしてくれます。

volvo-interiorインパネまわりは、操作性を重視した機能的なレイアウトとなっています。本国スウェーデンは雪国ですので、グローブのままでも操作できるように、ボタンを大きく押し易いように考慮されているのです。視認性も良いので、どこに何のボタンがあるかすぐに分かります。デザインも良いですね。

XC90_interior乗車定員は5名と7名から選べます。

輸入車で7人乗りって実はとても少ないので、大家族また大人数での移動が多い方には嬉しい選択ですね。(3列目はさすがに広くはないので、成人男性はきついです。子供か女性限定ですかね。)

XC90_interiorシートアレンジが多彩なので、使い勝手はかなり良いです。

走りはというと、紳士です!笑 どういうことかというと、雪道で安全に走行できるようセッティングされているボルボ車は、事故の原因となる※急加速と急ブレーキをしにくくしているので、自然と穏やかな運転になるんですね〜。あと堅牢な造りの為2tオーバーと重いのも理由のひとつ。なので加速、走り重視の人には不向きです。

そういうこともあってか、ボルボに乗ってる人って穏やかな人が多い気がします。あまり厳ついオーナーを見ないですよね。笑 そこらへんは同じく安全な車の代名詞ベンツとはちょっと違いますね。

新車時600万オーバーとちょっと手が出しにくい価格帯でしたが、今では200~300で程度の良い車両が結構見つけられます。(M-classやX5よりも相場がお手頃!)

v70からの乗り換え、またSUV狙いの人にオススメの車です。

いかがですか!?(T-6というモデルは故障が多いらしいのでお気を付け下さい!)

※急加速と急ブレーキがしにくいというのは、しっかり踏み込まないと反応しないということです。急加速と急ブレーキがかけられないということではありません。日本車のようにちょっと踏んだだけでグンと反応するのと違いますということです。

Advertisements