Renault twingo

twingo

先日東京運輸支局に行った際、思わず「うわっ!」と声を出して驚いてしまう車に遭遇しました。それは写真の初代ルノー トウィンゴです。

ちょっと前までは街でもたま〜に見かけましたが、最近ではめっきり見かけなくなった車ですね。このモデルは1993y~2007yまで製造されていました。(日本への正規輸入は2003yまで)

まあ最近では珍しいとはいえ、普通のトウィンゴだったら別に驚くこともないのですが、今回出会った車両はなんとオールペンされバンパーも新品に着け換えられた、ピッカピカのまるで新車のような1台だったのです。車両本体価格 (消費税抜き) 130万円台のメチャクチャリーズナブルな大衆車に、今お金を掛けリフレッシュさせて乗ろうというそんな素敵な人がいるのか!?と驚かされました。

半円状のヘッドライトが醸し出すかなりゆる〜いフェイス、可愛いですよね。この抜け感、個人的にはかなり好きな車です。先頭の黄色のなんかは、開放感ある手動開閉ルーフのキャンバストップを備えたりと、遊び心も持ち合わせちゃってます!

twingo panorama

パノラマルーフを備えたモデルもあります。

3425mmと短い全長に対し2345mmのホイールベースが採用され、全幅も1630mmと広くとったことで、コンパクトカーながらしっかりとした居住性が確保されています。リアシートはスライド式で、一番後方までスライドさせると足を組めるぐらいのクリアランスが!しかもリクライニングもできます。今となっては珍しくない機構ですが、20年前にこのクラスで採用されていたのは革新的で、欧州で大ヒットしたのもうなずけますね。

twingo seat

作りのしっかりしたシートには、ファッション大国フランスらしいポップなファブリックを採用してたりと、気分を上げてくれる粋な計らいも!?笑

世の一般男性が乗るにはちょっとポップ過ぎてしまうかもしれませんが、ファッション関係やサーファーなどこのユルさが分かるお洒落さんになら結構オススメな車です。自分も機会があれば乗りたいなと思ってる1台。もちろん女性なら抵抗無くお選び頂けるデザインではないでしょうか。

最近のコンパクトカーは個性の無いデザインが多いので、今初代トウィンゴを選ぶの、結構アリだと思います!

乗り出し50万見て貰えれば程度の良いのをご紹介出来ます。

ルノートウィンゴ気になった方、お問い合わせはこちらから!
何でもお気軽にご相談下さい!

*ちなみにパック(MT)とイージー(AT風)とクイックシフト5(AT)と大きく分けて3モデルから選べるのですが、イージーはAT機構が壊れ易いので避けた方が良いです。出来ればMTで乗って頂くのが故障の面では一番安心です。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s