Mercedes-Benz C-Class(w202)

昨日Mercedes-Benz C-Class(w202)を運転する機会があったのでレビューします。

190E(w201)の後継としてデビューした初代C-Class(1993年10月~2000年9月まで販売)。僕が昨日運転したのは95年式だったのでもう17年選手ですが、走行は6万キロ台と年式から考えたら低走行で、きっちり整備された非常に程度の良いお車でした。

まず最初に乗車して感心したのが、ドアを閉めた時の「バスン!」という音。車好きの方ならまずチェックする部分ですが、コストカットを余儀なくされて作られたC-Classといえど、さすがメルセデスだなと思わせるボディ剛性の高さを感じる音でした。(ちなみに先週2代目C-Class(w203)にも乗る機会があったのですが、今回のw202の方が良い音(作り)してました。)

そしていざ運転してみると、あぁメルセデスだなというどっしり安定した走りは、先日運転した同セグメントのBMW 325iより上のセグメントのように感じさせるほど。静粛性、遮音性も非常に高く、信号で停止している時なんかはエンジンが掛かっていることすら感じさせない静粛さで、とても快適な乗り心地でした。またデザインの古さは否めませんが、スイッチ類の操作性、視認性の良さは、今のものより優れているように感じられ、扱い易かったです。

今回の車両は、おそらくブッシュ類などしっかり交換されているからこの乗り心地だったとは思うのですが、逆に言うとメンテナンスさえしていれば、この年代物でも全然メルセデスを感じられるということですよね。

190Eほどクラシックさもなく、エクステリアデザインだけで見ると中途半端に古くさく、今あえて選んで乗る車じゃないでしょと思ってましたが、「最善か否か」のスピリッツを感じられるギリギリ最後のメルセデスと言われているw202、侮ってはいけませんでした。

今w202を乗り続けてらっしゃる方は、ミーハーに新しいものに飛び付くのではなく、質実剛健な物選びが出来る玄人さんなんでしょうね。素敵ですね。

最初にきっちり整備してから乗ることをオススメしたいので、それなりに整備費用は掛かると思いますが、ビックリするぐらい車体価格は下りてきてるので、メルセデスの入門にいかがですか?!

でもセダンはなぁ〜という方、ワゴンもありますよ。

もしこれから乗ろうという方にアドバイスですが、絶対にローダウンなどのカスタムされた車は選ばないで下さいね。フルノーマルで丁寧に乗られてきた車を選んで下さい。

何故かって?

それはダサいから!あとカスタムされた車は乱暴に扱われて程度が悪い物が非常に多いので。これから乗るのであれば、ノーマルをピカピカに「大事に乗り継いでますよ!」ってう乗り方がスマートでかっこいいです。良い物を大切にしていますよ感を出して是非センス良く乗って下さい。

ちなみに、ノーマルでもキズやヘコミが多いものだと、いっきにビンボーくさくなるので気を付けて下さいね。あと写真のはちょっと大きいホイールを履いてますが、個人的には15インチぐらいの純正ホイールの方が好き。メルセデスを厳つく乗ると嫌みしか出ないから。

センス良く乗れるw202を探して〜!という是非お問い合わせ下さい。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s