smart fortwo coupe & cablio

smart fortwo

突然ですが、皆さん今マイブームはありますか?

僕の最近のマイブームは「ミニマム」です。

最小限の環境で人はどこまで楽しめるか!?という気分なんです。僕の中に潜んでいたM気が出てきたのでしょうか。

そんな中すごーく気になってるのが写真のシティーコミューター”Smart Fortwo ”。ちょっと前までは車は大きくてなんぼって思ってFordのフルサイズワゴンやMercedesのSUVとか乗ってたんですけど。。。笑

全長はわずか2.5m。軽自動車の最大規格が約3.4mですからさらに1mほど小さい。数ある車の中でこれ以上無い「ミニマム」ですよね。でもそれだけだったら全然心惹かれることはなかったんですが、安全面は全然ミニマムじゃない!そこにやられました。

当然ながら日本以外に軽規格なんてものはありませんので、普通の乗用車としての安全性を求められた上で作られています。ダイムラー・ベンツとスイスのSMH社(スウォッチグループ)のジョイントベンチャーから生まれた初代スマート、駆動系を全て床下に配置したサンドイッチ構造や、「トリディオン・セーフティセル」と呼ばれる強固なタマゴ型のボディ骨格を採用し、オフセット前面衝突時の安全性はメルセデス・ベンツEクラスに匹敵するとのこと。ちなみにエンジンはメルセデス・ベンツ製の3気筒600ccターボエンジン(後に700ccに排気量拡大)を搭載。こんなにちっさいのにメルセデスのエッセンスを味わえるんですよ、凄くないですか!そりゃあ気になっちゃいますよね。

しかもラインナップにカブリオを入れるという憎い演出。

しっかり遊び心を持たせてるところなんか堪りません!

上の2枚は現行の2代目のもの。このモデルからサイズが一回り大きくなりエンジンも1000ccにアップ。安全面とインテリアの質感を大幅に向上させています。

しか〜し、なんとエンジンが三菱が「 i 」用に開発した659ccの直3「3B20」を排気量アップしたものに変更されてしまったのです。製品としてのクオリティはもちろん悪くないのですがなんか残念。そういうこともあってか人気があるのはやっぱり初代の方で、僕も個人的には初代がオススメ。

ちなみに初代のモデルには、「Smart K」というフェンダーとタイヤの幅を細くし、車幅を軽規格に適合させた軽モデルもラインナップされているんです。ちなみにSmart Fortwoの燃費はカタログ値19km/L!維持費を少しでも抑えたい方には嬉しいですね。

こんなアフターパーツも販売されてるようなので、これを見たら荷物の積載で断念してる方も候補に上がってくるのでは!?僕なら屋根にサーフボードを括り付け、リアのキャリアにウォータータンクとウェットケースを積載し、海に繰り出したいですね〜。

ファミリーカーとしては論外かもしれませんが、普段一人か二人乗りで大きな荷物を載せることはほとんどない、という人には結構面白くて良いと思うんですよね。都心の狭い道路や駐車場も超楽チンです!笑

これを読んで「いくらぐらいで買えるの?」って気になった方、お気軽にご相談下さい。!

お問い合わせはこちらから

Advertisements